今すぐ無料で掲載

検索結果

貸し会議室を活動拠点にしたいとき  ~ケース別の拠点の築き方~

Posted by tsp on 2015年9月22日
| 0

貸し会議室を拠点にする場合は

 

同じ場所を選んで定着させた方が良いのか

 

それとも違う場所を

転々とするのが良いのでしょうか?

 

 

その答えは、貸し会議室を

使用する人の目的によります。

 

 

今回は、ケース別に

どちらが良いのかを解説します。

 

 

 

  • 会議や商談をする場合

 

決まった取引先と会議や商談をするときは

拠点を同じ場所にした方がいいでしょう。

 

 

取引先から近い場所や

清潔感のある場所を選ぶのがポイントです。

 

 

人数の増減により会議室の大きさを選べるような

複数の会議室がある場所を選べば

 

商談や打ち合わせから大人数の会議まで

拠点を変えずに行うことができます。

 

 

ただ、相手が取引先の場合は

 

会議室代を自分が

負担しなければならないこともあるので

 

拠点を決めるときは

コストを抑えるのも重要です。

 

 

その場合は

 

大事な商談のときだけ

重厚感のある場所を選ぶなど

 

内容に応じて場所を変更するのもいいですね。

 

 

 

  • セミナーを開催する場合

 

セミナーを開催する場合は

同じ場所を拠点にした方が定着しやすいですが

 

必ずしも拠点を同じ場所が良い

というわけではありません。

 

 

なぜなら

 

同じ内容のセミナーや教室であっても

時間帯、人数、ターゲットによって

 

場所を選ぶことで

申し込みにつながることがあるからです。

 

 

たとえば

 

主婦向け

……平日の昼間、小さめの会議室、託児所付き

 

会社員向け

……平日または週末の夜、アクセスの良い場所

 

というように、ターゲットによって

会場や開催地域を変更するといいでしょう。

 

 

ただし

 

定期的に開催している教室や

シリーズのセミナーなどは

 

拠点を移さない方がいいといえます。

 

 

セミナー当日に参加者が会場を間違えたり

 

道に迷ってなかなか到着しない

ということもあります。

 

 

また、同じ場所に通うことで

安心感が生まれるので

 

教室やセミナーの受講を

継続してもらいやすいという

 

心理的な効果もあります。

 

 

  • ノマドワーカーの場合

 

オフィスを持たないノマドワーカーが

 

取引先と打ち合わせをする際などに

会議室を使う場合は

 

ケースバイケースだといえます。

 

 

基本的には、決まった会議室を

オフィス代わりに使った方が

 

移動の交通費と時間を

カットできるのでおすすめです。

 

 

ただし、複数の取引先がある場合は

相手ごとに拠点を定めるのもいいでしょう。

 

そんなときのために、

小規模の貸し会議室の候補を

 

いくつかリストアップしておくのが

おすすめです。

 

 

会場選びのポイントは

 

急な予約やキャンセルが

可能な場所であることや

 

次の移動先へのアクセスが良いこと

 

自分の仕事のカラーに合っている

といった条件が挙げられます。

 

 

拠点を定めるのか変更するのかは

その人の職業や使用の目的によって変わります。

 

 

いずれの場合も

相手がその場所に無事に到着できるように

 

住所や電話番号、地図のURL、

建物名と会議室名などの

 

詳細を事前に伝えておいてくださいね!

 

 

この記事が拠点選びの

参考になればうれしいです。