今すぐ無料で掲載

検索結果

初対面の人に好印象を与える3つのポイント

Posted by tsp on 2015年12月15日
| 0

会議では初対面の人に会うことも多く

 

第一印象はその後の会議や

プレゼンテーションにも

 

影響を与えるといっても過言ではありません。

 

 

今回は、初対面の相手に好印象を与えるための

 

3つのポイントをお伝えします。

 

 

 

  • 第一印象で大事なのは「色」

 

初対面の印象は3ヶ月から半年は

 

変わらないといわれています。

 

 

好印象を与えるためには

 

目から入ってくる情報(視覚情報)が

 

大きく関わっているため

 

服装や髪型などの身だしなみは

念入りにチェックを。

 

 

視覚情報の中でも、「」は印象に残りやすく

 

その人の印象を決める要素でもあります。

 

 

つまり、初対面のときに

身につけていた色のイメージで

 

印象を無意識に決めているということなんです。

 

 

さわやかさをアピールするなら

 

白や水色などの明るくて優しい色を選びましょう。

 

 

青は冷静さや誠実さ、

緑は親しみやすさ癒しを表します。

 

 

また、情熱をアピールしたいときは赤を

 

重厚感を出したいときは

黒を取り入れるといいでしょう。

 

 

ただし、赤は攻撃的な色でもあり

 

黒は話しかけにくい

と思われることもあるので注意を。

 

 

 

  • いつもよりも声を大きめに

 

視覚情報の次に印象を決めるのがです。

 

人によって声の高さや低さは違いますが

 

いつもよりも声は大きめで

 

明るいトーンで話すのが印象UPのポイントです。

 

 

会議の中で重要なポイントを伝えるときは

 

ゆっくりと落ち着いたトーンで話すことも大事です。

 

 

しかし、自己紹介をするときは

 

大きな声でハキハキと話すことで

 

話しやすい人という印象を与えられるのです。

 

 

 

  • 上手に話すよりも、大事なのは笑顔!

 

会議や大事なことを伝えるときは

 

緊張で表情が硬くなってしまいがちです。

 

 

ところが、表情が硬くなると緊張感が走り

 

余計に重い空気に

なってしまうこともありますよね。

 

 

ですから、初対面のときは特に

 

笑顔を見せることを心がけましょう。

 

 

口角を少し上げるだけでも

 

感じの良い表情がつくれます。

 

 

  • の音を発するときの口の開け方が

 

好感度の高い表情なので

 

初対面の人に会う前に

 

鏡の前で練習するのもおすすめです。

 

 

会議で話す内容やプレゼンも大事ですが

 

次に話すことで頭がいっぱいになってしまい

 

相手が話しているときに無表情になるのはNG

 

 

初対面の印象が悪くなると

 

その後の会議にも響いてしまうので

 

自分がどんな表情をしているのか

 

意識することが大事です。

 

 

雑談やアイスブレイクをするなど

 

会議に入る前に緊張をほぐすのもいいですね。

 

 

初対面の人に会うときは緊張するものですが

 

相手も同じくらい緊張しています。

 

 

元気よく挨拶や自己紹介をして

 

その場の空気を良くすれば

 

好印象を与えられるでしょう。