今すぐ無料で掲載

検索結果

会社員のための貸し会議室の使い方

Posted by tsp on 2015年8月16日
| 0

貸し会議室やレンタルスペースは

 

フリーランスで働く人や

 

趣味などのプライベートで

 

使うばかりではありません。

 

 

 

企業に属する「会社員」にも

 

貸し会議室を使う機会があります。

 

 

 

今回は、会社員が

 

貸し会議室を使うときの

 

 

有効な活用法などについて

 

お伝えします。

 

 

 

まず、会社員が貸し会議室を

 

使う目的・用途

 

 

社内向けと対外的の

 

2つにわけられます。

 

 

 

(例)

 

  • 社内の大人数での会議
  • 社内ではできないミーティング
  • 取引先との商談
  • 顧客へのマーケティング
  • 商品の展示会などの会場として

 

 

 

それでは、用途別の

 

活用法を解説します!

 

 

 

  • 社内の会議として使用する

 

全国から多くの人が集まり

 

 

自社スペースでは

 

手狭になったときなどは

 

 

貸し会議室の利用が

 

おすすめです。

 

 

 

たとえば、半期の売上報告会

 

周年記念パーティーなどが

 

挙げられます。

 

 

 

その場合に大切なのは

 

 

必要な席数と設備が

 

確保されていることです。

 

 

 

人数が多い場合は後ろの席まで

 

プロジェクターに映し出された

 

資料が見えるかどうか

 

 

事前にチェックを

 

しておくといいでしょう。

 

 

 

パーティーなどの場合は

 

 

飲食物の準備の担当を決めておく

 

などの段取りに加えて

 

 

音響や照明を

 

確認しておくのも忘れずに。

 

 

 

また、自社ではできない

 

秘密のミーティングをする際は

 

 

 

会社から離れた場所や

 

小さめのスペースを利用するなど

 

 

他の人に場所がバレないように

 

することも肝心です。

 

 

 

「社内用」として貸し会議室を

 

利用する場合も

 

 

目的に応じて場所の

 

選び方が違ってくるので

 

 

いくつか会議室を

 

リストアップしておくといいでしょう。

 

 

 

  • 対外的に利用する

 

取引先や仕入れ先との商談に使う場合は

 

清潔感がある場所を選ぶのが重要です。

 

 

 

商談の内容にもよりますが

 

 

自社に招いたり、先方に出向くよりも

 

お互いにとって不慣れな場所になるので

 

普段より緊張してしまうものです。

 

 

 

ですから

 

 

 

重厚感や清潔感があったり

 

 

モダンで最新の設備が整っていたり

 

 

リラックスできる場所であるなど

 

 

 

そのスペースに行くことで

 

心理的にプラスに働くような

 

 

場所を選ぶようにするといいでしょう。

 

 

 

また、顧客の意見を聞く座談会などの

 

 

マーケティングや

 

商品の展示会の場合は

 

 

自社に招いた方が雰囲気を

 

わかってもらえることがあります。

 

 

 

しかし、スペースや立地の都合上

 

 

貸し会議室を利用する

 

メリットがある場合は

 

 

初めて訪れる人でも足を運びやすい

 

場所を選ぶといいでしょう。

 

 

 

企業のイメージアップにもつながるので

 

 

顧客の立場になって考えるのが

 

スペース選びのポイントです。

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

スペースが広くて便利なだけでなく

 

 

企業のイメージアップにも

 

活用することができるのが

 

 

貸し会議室やセミナールームです。

 

 

ぜひ、もうひとつのオフィスとして

 

 

貸し会議室や

 

レンタルスペースをご活用ください!