今すぐ無料で掲載

検索結果

カフェやレストランと貸し会議室の違いとは? ~貸し会議室だから守れる3つのこと~

Posted by tsp on 2015年8月16日
| 0

打ち合わせやセミナーを

 

するスペースを探すとき

 

 

カフェやレストランも

 

候補に挙がることがあります。

 

 

 

気軽に入れるカフェや

 

オシャレなスペースで

 

 

ランチをしながら打ち合わせを

 

するのもいいでしょう。

 

 

 

それでは

 

 

なぜ、お金を払って貸し会議室を

 

借りる必要があるのでしょうか?

 

 

 

貸し会議室には、

 

カフェでは対応でききれない

 

 

3つのことを守れるからです。

 

 

 

今回は、カフェや

 

レストランのスペースと

 

 

貸し会議室の違い

 

についてお伝えします。

 

 

 

  • 顧客のプライバシーを守る

 

貸し会議室の一番のメリットは

 

顧客のプライバシーを守れることです。

 

 

 

たとえば

 

 

2人きりや少人数の打ち合わせでは

 

 

ランチをしながら

 

カフェで会うこともあるでしょう。

 

 

 

しかし、その場合は周囲の環境に

 

気を配る必要があります。

 

 

 

特に、席と席の間隔が

 

近い場合は要注意

 

 

 

会話が他のお客さんに聞こえてしまい

 

 

重要な話が外にもれてしまう

 

恐れがあるからです。

 

 

 

最近では、聞こえてきた会話を

 

 

TwitterやFacebookなどの

 

SNSに投稿する人がいたり

 

 

たまたま撮った写真に

 

人物が写りこんでしまい

 

 

その場所にいることが

 

特定されてしまうこともあります。

 

 

 

ですから、カフェやレストランで

 

打ち合わせをする場合は

 

個室を利用するなどの配慮が必要です。

 

 

 

ただし

 

 

個室は利用料がかかることもあるので

 

 

貸し会議室で打ち合わせをした方が

 

安心して話せるでしょう。

 

 

 

  • セミナーのコンテンツを守る

 

カフェやレストランを使って

 

セミナーをする場合は

 

 

お茶を飲みながらゆったりと楽しめたり

 

 

セミナーの内容と

 

イメージが合う場所を選べる

 

というメリットがあります。

 

 

 

ただし、その場合も個室や

 

貸し切りにするのがポイントです。

 

 

 

もしも、受講料を払っていない

 

他のお客さんが

 

 

セミナーの内容を

 

見ていたらどうでしょう?

 

 

受講料を払った顧客は

 

 

「こっちは、お金を払っているのに!」

 

という気分になります。

 

 

 

ですから、自分のコンテンツの

 

価値を落とさないためにも

 

 

受講料を払った人だけの空間を

 

確保することが肝心です。

 

 

 

  • 予想外の事態から顧客を守る

 

カフェなどのオープンなスペースでは

 

しばしば予想外の事態が起こります。

 

 

 

たとえば、周囲の話し声や

 

子供が騒ぐのが気になったり

 

 

お客さん同士のケンカや

 

お店へのクレームなどの

 

 

トラブルも起こらないとは

 

言い切れません。

 

 

 

もちろん、そういった事態は

 

お店が対応してくれますが

 

 

打ち合わせやセッションを

 

中断しなければならないことも……。

 

 

 

そんな事態は、そう頻繁に

 

起こらないかもしれませんが

 

 

余計な心配をしなくてもいい

 

貸し会議室を選ぶのも

 

 

顧客への配慮だといえるでしょう。

 

 

 

これら3つのことを守ることで

 

 

顧客からの信頼

 

得ることができます。

 

 

 

顧客を守るためにも

 

貸し会議室をご活用ください。