今すぐ無料で掲載

検索結果

ちょっとした工夫で信頼度UP! クライアントとの打ち合わせで気を付けたい3つのこと

Posted by tsp on 2016年2月23日
| 0

貸し会議室での

クライアントとの打ち合わせは

 

大きな会議とは違うビジネスチャンスです。

 

 

 

相手の要望を引き出すために

必要なのは信頼関係

 

 

「この人は信頼できる」

と思ってもらうためには

 

小さなことの積み重ねが大切だといえます。

 

 

 

今回は、ビジネスの相手が

意外に見ている点を中心に

 

より信頼される人物になるための

方法をお伝えします。

 

 

 

  • 靴はしっかりと磨いておくべし

 

クライアントとの打ち合わせが始まって

ふと足元を見たら

 

靴が汚れていた……

 

なんてことはありませんか?

 

 

自分では気付かないことも

他人にとっては目につくものです。

 

 

 

ですから

 

打ち合わせの前は

靴の汚れを拭いたり

 

休日に靴を磨く習慣をつけましょう。

 

 

それから

 

打ち合わせの会場に

クライアントを案内するときなど

 

相手よりも前を歩くこともありますよね。

 

 

そんなとき、

靴のかかとがすり減っていたり

 

服のシワが目立ってしまうこともあるので

 

後ろ姿までチェックすることもお忘れなく。

 

 

 

  • 打ち合わせでこだわりたい文房具

 

重要な契約を結ぶというわけではない

打ち合わせでも

 

重厚感のある万年筆やボールペンを

使うのがおすすめです。

 

 

大きなお金を動かすような契約に

サインをもらうとき

 

クライアントに差し出すのは

 

100円のボールペンではありませんよね?

 

 

 

普段の打ち合わせから

高級な文房具を使うことで

 

クライアントにも本気度が伝わります。

 

 

 

重厚感のある高級ボールペンや

万年筆は1本あれば十分なので

 

書きやすさやデザインで

お気に入りの1本を見つけましょう。

 

 

 

また、流行に敏感なクライアントの場合は

 

機能的なマーカーやノートなどが

話のネタになるので

 

新商品を使うのもおすすめです。

 

 

 

  • クライアントが到着する前に準備しておきたいこと

 

貸し会議室での打ち合わせでは

クライアントよりも先に到着しておいて

 

心地良い空間をつくっておきましょう。

 

 

たとえば

 

夏なら冷房、冬なら暖房を入れておいて

快適な室温にしておきます。

 

 

 

打ち合わせが始まる15分~30分前に

会議室を予約しておき

 

机の位置や空調などの準備を

整えておくといいですね。

 

 

また、ホワイトボードを使う場合は

拭いておくといいでしょう。

 

 

 

いかがでしたか?

 

これらは、ちょっとした心掛けで

できることばかりです。

 

 

 

これをしたからといって

 

絆が深まるというのは

大げさかもしれませんが……

 

 

クライアントを大切に扱うことが

信頼関係を築く第一歩なので

 

ちょっとしたことにも気を配るようにしましょう。