今すぐ無料で掲載

検索結果

「参加者の心をつかむセミナー」を作る5つの要素

Posted by tsp on 2015年12月22日
| 0

しっかりと準備をして臨んだセミナーだったのに

 

参加者の反応が薄くて

講師としての自信を失ってしまった……。

 

 

セミナーのジャンルに関わらず

 

そんな経験をしたことがある講師は

多いのではないでしょうか?

 

 

それは、セミナーの内容が悪いのではなく

 

 

参加者が受け身になっているからなんです。

 

 

今回は、参加者の心をつかむセミナーを作る

5つの要素についてお伝えします。

 

 

 

  • 自己紹介でニーズをつかむ

 

参加者が自己紹介をするセミナーであれば

 

自己紹介とともに興味を持ったきっかけや

 

どのようなことを学びたいのかを

話してもらいましょう。

 

 

講師が正確にニーズをつかむことによって

 

その人に合った

内容を伝えられるからです。

 

 

参加人数が多い場合は

質問を効果的に使いましょう。

 

 

2つの選択肢のうち

該当する方に手を挙げてもらうなど

 

セミナーの最初にニーズをつかむことが肝心です。

 

 

 

  • セミナーの目的を明確化する

 

参加者がセミナーでどんなことを学びたいのかを

さらに明確化します。

 

 

自己紹介の時点で明確になっている場合は

省略しても構いませんが

 

目的を忘れないようにレジュメやノートに

 

書く時間を設けましょう。

 

 

そうして目的を持って受講することで

 

能動的な姿勢で

参加してもらえるからです。

 

 

  • ディスカッションタイムで「話させる」

 

講師が一方的に話す時間が長くなると

 

中だるみしてしまうことがあります。

 

 

どんなに良い内容でも

聞くばかりでは疲れてしまうものなんです。

 

 

そんなときは

 

グループやペアでのディスカッション

入れるのがおすすめです。

 

 

話すことで気分転換になるだけでなく

 

セミナーの内容や知識が定着しやすくなります。

 

 

ワークをする意味や目的を伝えれば

さらに意欲的に取り組んでもらえますよ。

 

 

  • 印象に残る体験談を話す

 

セミナーの内容と関係のある

体験談を話すことで

 

オリジナリティーが生まれます。

 

 

また、参加者が共感できるエピソードは

 

講師に対して

親近感を抱くきっかけにもなるので

 

笑える失敗談や感動エピソードを

交えて話しましょう。

 

 

  • 最後に全体の復習をする

 

一説によると、人間の記憶というのは

 

1時間後には

約56%忘れてしまうといわれています。

 

 

ですから、セミナーができるだけ

記憶に残るように

 

最後にまとめとして

内容の復習をするといいでしょう。

 

 

要点を繰り返すことで内容が記憶に残るので

 

セミナーの満足度も上がります。

 

 

いかがでしたか?

 

 

参加者が受け身にならずに

 

目的を持って受講するセミナーにすれば

反応も大きく変わってきます。

 

今回お伝えした5つの要素を

 

セミナーの構成を考えるときの

参考にしていただけるとうれしいです。